La Parenthèse(ラ・パロンテーズ)の、本格グリルドチーズ・サンドイッチはいかが?

グリルドチーズ・サンドイッチ(以下:グリルドチーズ)をご存知だろうか。アメリカ生まれのチーズたっぷりホットサンドイッチだ。パリにも近年流行の波が来ているが、ここ、ラ・パロンテーズはフランスで初めてグリルチーズを提供したレストラン。オバマ元アメリカ大統領のチームも食べに来たという、こだわりのサンドイッチを紹介しよう。

ラ・パロンテーズはパリの9区、オフィスの多く並ぶ地区にあり、昼時は昼食を求める会社員で賑わっている。

こぢんまりとした店だが、店内はゆったりと空間が取ってある。

グリルド・チーズは色々と種類があるが、
店長のおすすめは、ピギー・ポップ。サンドイッチに使うポークは、何と7時間もかけて仕込んである。

サンドイッチはアンティークの鉄アイロンで押しながら、丁寧に焼く。

しょっぱいポークと、チャツネの甘みが何とも言えないハーモニー。(辛い物が好きな方はタバスコ入りがおすすめ。)
グリルドチーズをスープに浸しながら食べるのが本場アメリカ流。

ラ・パロンテーズの良いところは、素材をきちんと選んでいること。体も温まるし、しっかりお腹は膨れる。しかしファーストフードや露店のパニーニと違って、決して脂(あぶら)でもたれるようなことはない。

パリで、いつもと違うサンドイッチを食べたくなったら、ラ・パロンテーズに足を運んでみてはどうだろう。

インタビュー企画で、店長のヴァレリーさんにお話を聞いているのでそちらもぜひ読んでみてください。

勇気と愛のホットサンドイッチ Valérie Fontanié(ヴァレリー・フォンタニエ)

http://meru-shi.com/valerie-fontanie/

La Parenthèse Grilled Cheese
住所 : 20 Rue Richer, 75009 Paris
電話番号 : +33 (0)1 75 57 19 47
営業時間
月曜~金曜 9:00~17:00
土曜 11:00~17:00
日曜定休
ホームページ
https://la-parenthese-paris.com/en