ルーシー日本へ行く<番外編:2度目、夏の日本滞在編> Lucie Bourboulon ルーシー・ボーブロン  

春に初めての日本旅行へ行ったルーシー。8月に1か月間の日本語集中コースを受けるため再び日本を訪れました。前回はポジティブ、ネガティブなこと、日本に対する興味深い感想を語ってくれたルーシー。実は日本の後で訪れた韓国の方がお気に入りでした。今回改めて日本に長期滞在したことで印象に変化はあったのでしょうか。

メル氏:ルーシー、前回は春の旅行の話を聞かせてくれてありがとう。今回はその時に計画していた夏の2回目の日本滞在の話を聞かせてもらおうと思って。確か、日本語の学校の企画で勉強しにいったんだよね。

ルーシー:そうそう!8月1日から29日まで一か月間、日本語を勉強するために滞在したの。

メル氏:たっぷり4週間だね。長くなかった?

ルーシー:う~ん、ちょっと長かったかな。東京に居たから、結構お金がかかっちゃって。最初は色々したんだけど、最後の方はちょっと金欠になっちゃった。

メル氏:それに、暑かったでしょ?

ルーシー:めちゃ暑かった!35度、体感気温40度よ。
普通に過ごしていたら熱中症になりかけて、それから気を付けて水を飲むようにしたの。冷蔵庫にコンビニで買ったペットボトルの水を5本ぐらいストックしておいて、それを2本持って出ることもあったよ。
私は湿度の高い日本の暑さに慣れていないら余計にきつかったんだと思うけれど。

メル氏:いやぁ、夏の暑さは日本人でも体に応えるよ。

ルーシー:ほんと、エアコンの存在に感謝!冷房で風邪ひく人もいるから気を付けるようにって聞いたけど、あまり暑いと疲れちゃうし、結局一日中冷房が効いた場所で過ごす日も多かったの。
でもとにかく晴れていたから、写真は綺麗に撮れたよ!

メル氏:滞在中よかったことは?

ルーシー:授業の合間に、学校の企画で色々な場所に見学に行ったのがとてもよかった。ガイドで見たことが無いような場所にも行けたし。

メル氏:いいね!どんなところへ行ったの?

ルーシー:ええっと、たとえば、池袋にある自由学園明日館

*じゆうがくえんみょうにちかん:池袋の近くにある、建築家フランク・ロイド・ライトとその弟子、遠藤新が設計をしたことで有名な旧学校施設。国の重要文化財として見学可能で、結婚式場やコンサート会場としても利用されている。

メル氏:行ったことない!おもしろそうだね。

ルーシー:最初の2週間は週に5日、3時間と6時間の授業があったんだけど、後半の2週間は授業は無くなって完全にフリーなの。
だから美術館とか、自分たちで公園とか色々な場所に行ったよ。

もちろん授業以外でも日本語を使うように心がけていたの!
色々食べたから、飲食店で使う日本語はバッチリよ。一番よく使ったのは「べつべついいですか?( お会計別々で )」。「ビールを一杯」、「ラーメンをひとつ」、「2名(友達と2人だったから)」とか。数字に強くなったよね。笑

メル氏:学校の外で日本語を使ってみて疑問に思ったら学校で聞けるしいいね。

ルーシー:そうそう。何より、春に日本に行った時は「日本人はあまりフレンドリーじゃない」って思ったんだけど、今回は親切な日本人に出会えて印象も変わった。
前回よりも長く滞在したのはもちろん、行動や見た目が「旅行者」っぽくなかったからかもしれない。例えば、私が英語が話せない日本人に何かを伝えなければいけない場面で、たまたま居合わせた日本人が「大丈夫?」って間に立って通訳してくれたことが2回あったし。

日光に行った時には、私がBTS(Kポップのグループ)のTシャツを着ていたら、「BTS好きなんですか?」って話しかけてきた若い女性がいて、話が盛り上がったのは印象的だったなぁ。

滞在中にはGoogle翻訳 を使いながら日本語英語交じりで色々な人と話したの。中には英語をすごい流暢に話す日本人も居てびっくりした!
そういう人は私と英語で話したがるから、日本語で話したい私にはちょっとだけ都合が悪いんだけどね。笑

メル氏:英語を使える機会を待っている日本人もいるからね。

ルーシー: それを含めて交流よね。

メル氏:そうそう。

メル氏:ルーシーは春の日本行では「日本は想像を超える驚きが無くて、むしろ
その後行った韓国に一目ぼれしちゃった。」って言っていたけれど、今回日本に行って見て印象は変わった? また日本に行って良かったと思う?  

ルーシー:うん、もちろんよかったよ!正直に言えば、あれからずっと、またソウルに行きたいって思っているけどね。
ネックは東京はソウルに比べて物価が高いことなの。
「ちょっと海まで行こうか」→「いいね!結構近いじゃん」→「交通費往復5000円?!」みたいな。
節約のためになるべく歩いたけど、1か月の東京滞在中に地下鉄に3万円ぐらい使ったもん。パリみたいに月額乗り放題のカードがあればいいのに。

メル氏:現地で日本語を勉強して過ごしていたらきっと随分上達したでしょ?

ルーシー:1年間の集中コースと夏の日本での授業で上達して、3年目のクラスで授業を受けることになったの。日本から戻ってからの授業では、動詞のフラッシュカードに、私がすごい速さでマシンみたいに答えるから、先生がびっくりしてたよ。笑

メル氏:すごい!さすが!!旅行が終わった後でも授業を続けるんだね。

ルーシー:もちろん。週一回、2時間だから前よりはゆっくりペースだけど、それもイイ感じ。
日本で日本語検定の本を買ったから、それを見ながらいつも電車で復習してるの。とにかく外国語を使ってその国の人、現地でコミュニケーションを取るのが大好きなの。
日本語は、大分聞いて理解できるようになってきて相手が言っている意味はわかるんだけど、私の語彙が少ないから答えられないっていう場面が度々あって、「これぜったい簡単な言葉のはずなのに、話せない!」って言うフラストレーションがまたやる気に火をつけるのよね。

あと、韓国語も勉強するよ。日本語と韓国語って近いの。両方合わせて勉強しない手はないわ!


*食べるためだけに、ここに居るんじゃないんだからね。の意。

メル氏:じゃあ最後に。夏の日本の良かったことは?

ルーシー:清潔なこと!あと、夏の緑。緑の色がフランスと違うの。日本の緑の方が濃い気がする。

メル氏:目の付け所がアーティストらしいね。

ルーシー:あとやっぱり食べもの!ラーメンはどこで食べても安くておいしかった。パリでももっと頻繁にラーメン食べたい!

メル氏:ありがとうルーシー!また次の旅の後にも、おもしろい話を聞かせてね。あと、今度うちにタコ焼き食べに来て。

ルーシー日本へ行く<準備編>
http://meru-shi.com/luciebourboulon-1/

ルーシー日本へ行く<帰国編:日本もよかったけれど、もっと良かったのは…>
http://meru-shi.com/luciebourboulon-2/

ルーシーのホームページ
https://luciebourboulon.com/
Instagram
https://www.instagram.com/bourboulonlucie/